Chromebookを「タブレット」として使うおまじないとChromeOSについて考えてみる

愛用しているChromebook Tab10
出先でササッと文章を書いたり、ペンを使ってメモをとったり、YoutubeやAmazonプライムビデオなどに活躍してます。

短い文章なら画面キーボードを使ったり音声入力で書いてしまいますが、長文を書こうとするとどうしてもキーボードが欲しくなります。

ただしキーボードを使うときにちょっとした問題が発生します。

今回の記事はChromebook Tabをより「タブレット」として利用するためのひと工夫をご紹介したいと思います。

キーボードを利用するときの問題点

キーボードを利用すると、縦表示で固定されてしまいます。
これはChromeOSがキーボードを検知すると、デフォルトでは「クラムシェル」モードとなってしまうからです。
ノートPCを縦横を変えても自動回転しないように、クラムシェルモードだと縦画面で固定されてしまいます。
これがとっても不便です。

1つ目は、スタンド問題。
私が持ち運んでいるスタンドは、折りたたみ式でコンパクトなものとなります。
このスタンドがコンパクトすぎるために、縦型で使おうとするとバランスがとっても悪いです。
キーボードで使おうとすると、横型のほうが収まりがよいのですがデフォルトでは使えないというのは困ったものです。

2つ目は、USB-C端子へのアクセス。
ChromebookTab10の場合、縦型で固定されるとUSB-C端子が「下側」に来てしまいます。
そのためスタンドを利用したときに同時に充電ができなくなってしまいます。
充電しながら作業できないのは不便ですよね。

タブレットモードとして使うためのおまじない

ではどうしたらよいか?答えは「タブレット」モードにすることです。

設定方法は前に記事にした「chrome://flags」で設定します。

www.foto2strada.com

設定の中に「Force UI」という項目があります。
デフォルトだと「Auto(Default) 自動切り替え」となっていますので「TouchView」を選択します。

設定はこれでおしまいです。
再起動が入ったあとは、キーボードを接続しても自動回転がされます。

さいごに ChromeOSを少し考えてみる

UIの設定変更をしながら、ChromeOSについて考えてみます。

Chromebookという名前の通り、ChromeOSは基本は「クラムシェル(ノートPC)」がベースなんだなと感じます。

GoogleがpixelPlateを最後にタブレットの開発をやめることを決定したのが物語っていますが、GoogleはあくまでもノートPCとしてChromeOSを開発していきたいのかな、と思います。
Chromebookは海外、とくアメリカでは学校でのシェアがとても高いです。
必然的にノートPC市場をまずは第一に考える、そんなところだろうと思います。

注:ただしGoogleはあくまでタブレット端末を開発しないと言っているのであって、OSはタブレットを想定した設定も増えてます。

個人的にはAndroidアプリが動いたり、ペン入力ができることから、Chromebookの「タブレット」に大きな可能性を感じています。
そのなかでキーボードを接続すると「縦画面固定」となってしまう問題を解決できるのはみんさんにもお役に立つのではないかと思います。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です