おうちハックへ向けてサーバーをRaspberry Piで構築 vol.2

ガジェット大好き管理人です。
前回の続きです。

www.foto2strada.com

今回は、おうちハックをするためのhubotというソフトウェアをRaspberry Piにインストールします。

Nodejs &npmのインストール

前回まででRaspberry Piのインストールは完了しました。
次にhubotのインストールを行います。

はじめにNodejsとnpmをインストールします。

$ sudo apt-get install npm
$ curl -L https://deb.nodesource.com/setup_8.x | sudo -E bash -
$ sudo apt-get install -y nodejs

hubotのインストール

Nodejsをインストールしたら、いよいよhubotをインストールします。

$ sudo npm install -g yo generator-hubot

インストールが完了したら、hubot動作のためのディレクトリを作成します。

$ mkdir homebot
$ cd homebot
$ yo hubot

hubotの起動

homebot(作成したディレクトリ)フォルダでコマンドをたたきます。

$ bin/hubot

すると、いくつかエラーと警告が出るので対策します。

$ npm install coffee-script@^1.12.6 #coffee-scriptをインストール
$ rm hubot-scripts.json #不要なので削除

デフォルトでは、起動時herokuが必要なので、external-scripts.jsonの以下の部分を消します。

vim external-scripts.json
エディタが起動したら以下の1行を削除する。
"hubot-heroku-keepalive",  

再度実行すると以下のようになったらOKです。

$ bin/hubot
INFO hubot-redis-brain: Using default redis on localhost:6379
INFO hubot-redis-brain: Data for hubot brain retrieved from Redis
homebot> homebot ping  # pingとうって
homebot> PONG          # PONGが返ってきたらOK

さいごに 次回予告

ここまででhubotのインストールが完了です。次回はいよいよ家電操作となります。

スポンサードリンク

シェアしてね!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です