これで安心してKindleを渡せますよ 機能制限かけたKindleに本を送る方法

こんにちわ、ふぉとらだです。

以前にKindleで見せたくない本を見せないようにする設定を紹介しました。

ゆるかしこ
1970.01.01
ゆるかしこ
https://foto2strada.com/2018-05-01-231513
気になるガジェットを紹介していきます

一度設定したKindleについて、新たに本を購入したら追加したいですよね。 一回ずつ機能制限を解除して本をダウンロードするのも良いですが、そのたびにKindleを返してもらうのはなにか後ろめたい。。。 さらに機能制限を設定忘れて渡してしまったりしたら、あんなものやこんなものが見られてしまう可能性があります。

そんなわけで、今回は機能制限をかけたKindleに本を送り込むTipsになります。 子供や嫁さんからKindle返してもらわないでもさくっと追加できます。

本を送り込むにはアカウントサービスから

やり方は簡単です。 まずはアカウントサービスのコンテンツと端末の管理をクリックします。

コンテンツタブの中から追加したい本を選んで配信をクリックします。

最後に配信したいKindle端末を選択してあげればOKです。

端末側はネットワークに接続されれば自動的にダウンロードされます。 とっても簡単です。

まとめ

Kindle端末に送付するのはコンテンツの配信で可能です。 機能制限を都度変更する必要もないのでオススメ(安全)です。

これで安心してKindleを渡すことができますね!

KindleはPaperWhiteがコストパフォーマンス抜群です。 防水なのでお風呂でも読書できます。

Kindle Paperwhite 電子書籍リーダー
created by Rinker

スポンサードリンク

シェアしてね!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください